FANZA版プレイヤーの方へ Edit

女神コネクトは、DLsiteにじGAMEFANZA、2つプラットフォームで運営されています。
このWikiに掲載されている情報のベースは、DLsiteにじGAME版です。
DLsiteにじGAME版は2020年2月開始、FANZA版は2021年3月開始なので、運営期間に1年以上の開きがあります。
基本的に同一のゲームですが、運用状況の違いを念頭に置いてご覧いただくようお勧めします。

はじめにやるべきこと Edit

何をしたら良いかわからなくなったら、とりあえずデイリーミッションをこなしてみましょう。
次第にゲームの全体像が掴めてくるはずです。

プレーヤーレベルを上げる Edit

プレイヤーレベルが上がると体力の上限が増え、ロックされているコンテンツが解放されていきます。
「冒険団経験値(冒険団EXP)」は戦闘やデイリーミッションの報酬に設定されています。
イベントステージや限定挑戦(曜日クエスト)は、遠征(メインシナリオ)よりも体力消費が多めになっています。まずは遠征から進めてプレイヤーレベルを上げると良いでしょう。特に意識しなくても自然とできることが増えていくはずです。

以下「冒険」コンテンツの概要です。

※2020.07.02のアップデートで大幅なバランス調整がなされました。

名称体力消費概要
遠征6メインシナリオ。
限定挑戦6~15曜日クエスト。キャラクター強化(ランクアップ)素材が手に入ります。
進められるところまで進めて素材を収集しておきましょう。後ほど欠かさず周回することになります。
試練0変形型のデイリー・ウィークリークエスト。各種素材素材が大量に手に入ります。
最初は腕試しのつもりで大丈夫です。
イベントステージ
初心者おすすめ6~10ビギナー向けコンテンツ。
初回クリア時にRキャラクターが手に入ります。
素材収集6~12金貨集めにお世話になります。経験値の書もここだと多く取れます。
期間限定8~40サブシナリオ。余裕があったら進めてみましょう。
英雄降臨18~33初級~中級程度の周回コンテンツです。最初はできる範囲で大丈夫です。
初回クリア時にSRキャラクターが手に入ります。
超英雄降臨18~33上級者向けの高難易度コンテンツです。最初は腕試し程度で大丈夫です。
究極降臨50最上級者向けの高難易度コンテンツです。

以下、知っておいた方が良いかもしれない基礎用語です。

用語概要
掃討戦闘スキップ機能。消費アイテムなしデメリットなしの優れもの。素材収集に使用します。★をコンプリートすることでできるようになります。
欠片指定数集めることで該当のアイテムが手に入ります。欠片の合成は「合成」ではなく「バッグ」で行います。
 

英雄を増やす Edit

一日一回召喚で英雄が取れるほか、各ミッションやクリア報酬で取れるアイテムでも英雄を増やすことが出来ます。
英雄が増えることで戦闘力が上がるほか、試練ではSP回復のためにあえて弱小キャラで戦闘したり、期間イベントの一つの超英雄イベントでは有利属性が決まっています。

秘密召喚のピックアップを見てみる Edit

秘密召喚では特定属性とキャラクターがピックアップされています。今出やすい属性・キャラクターが扱いやすいとは限らないため注意が必要です。
例えば、SSR以上のキャラクターを見てみると、

  • 突撃クラス(前衛アタッカー)は風と闇属性以外少ない。
  • 補助クラス(ヒーラー)は光と闇属性が中心となっています。むしろ光属性は、ほとんどが防御か補助クラスです。
  • 比較的バランスが良いのは風属性ですが、防御クラス(タンク)が数が居ないです。

他のゲームのように、始めたらまずガチャ、というようにはできていないので、まずは様子を見てみましょう。
まだまだWikiの情報は不足しているので、ゲーム内チャットで質問してみるのも良いと思います。

限定パックを購入する Edit

一部のキャラは直接・間接的にコイン等の課金でそのまま買うことが出来、そういったものが限定パックとしてあります。
またレベルが一定に達した、特定キャラを入手した、星を上げた等、特定条件で1日限定の時限パックというのも存在します。
これらのパックは2021,1,14のバージョンアップで増えた項目ということもあり、情報が不足しています。
ただプレーヤーレベルが60、80、100で出てきたという内容や、LSSRニーナの星を上げた・クラスを上げた際に出てきたいう内容があります。
下は一例です。

100レベル成長時限パック3.jpg
星5時ニーナ時限パック.png

他にもLv90の際に出てきた限定パックにはメリヤ・シーラ・セリス・サンドラの突撃LSSR選択券があったと言う声もあります。

部隊を編成する Edit

戦闘で使用する部隊の候補は5つまで編成できます。
直前に使用した部隊は、第1部隊としてプレイヤー情報に記載されます。

各キャラクターにはタイプ(物理/魔法)、属性、クラス(職業的なもの)が設定されています。いずれも重要な要素ですが、最初のうちはクラスに注目すると良いでしょう。
一概には言えないのですが、参考として各クラスの特徴を載せておきます。

クラス主な役割特徴
防御前衛タンク高耐久(HP・耐力・精神)。自身や味方を守るスキルを持つ。
突撃前衛アタッカー高火力(力量)。タンクに次ぐ耐久を持つ。手数が多い。
範囲中衛サブアタッカー全体攻撃に加えて妨害・バフ・デバフスキルを持つ場合が多い。耐久に欠ける。
補助中衛ヒーラーそこそこの耐久と回復スキルを持つ。
狙撃後衛アタッカー高火力(力量/知力)。敵中後衛を対象としたスキルを持つ場合が多い。耐久に欠ける。

このゲームの戦闘には制限時間(3分)が設定されており、時間切れは敗北扱いになります。
そのため火力を持たない防御・補助クラスをどう使うかが戦略の基礎になります。

  • 回復手段を持つ防御がいれば、補助は外せるかもしれません。
  • 優秀な突撃がいれば、防御は外せるかもしれません。
  • 相手を行動不能にする範囲がいれば、防御も補助も外せるかもしれません。

手持ちのキャラクターを見ながら、部隊が崩れることなく殲滅力が高まる編成を考えましょう。
人によって様々な攻略パターンが出てくるところが、このゲームの醍醐味と言えます。

参考として基本的なパターンをいくつか紹介します。

  • 防御1、突撃1、範囲1、補助1、狙撃1
    各クラスを1人ずつ配置する王道的編成。
    防御が敵の攻撃を受けとめ、補助は防御が倒れないようにサポート。範囲や狙撃で敵の行動を阻害し、突撃で敵の数を減らす。
  • 回復スキル持ち防御キャラクター軸
    典型はゼクス。防御が敵の攻撃を受けとめると同時に自身を回復。編成が比較的自由になる。
  • 行動不能スキル持ち範囲キャラクター軸
    典型はメーム。とくかく敵を行動不能にし続ける。編成が比較的自由になる。

なお2021,1,14のアップデートにて攻撃時の対象の狙いが若干変わりました。
それに伴い防御型が後衛を守ることが増えたほか、突撃型では攻撃が抜けて後衛に飛ぶことが出てきました。
また戦闘時の「立ち位置」も重要になり、場合によってはあえて前衛を入れずに敵に深入りさせて嵌めるといった戦い方もあります。

(新しい解説を検討している最中です)
(以下、以前の解説です)

部隊を組む際は、戦闘は特殊な攻撃設定が無ければ防御→突撃→範囲→補助→狙撃の順番で狙われます。
また戦闘時間が1戦3分なので、下手な回復よりも相手の行動阻害の方が効果的です。
なので編成の場合は盾役・攻撃役・妨害役、あとの2人は進行や状況に応じて攻撃役か補助役を入れるのが無難だと思います。

ガチャの引きによって編成に入れるキャラが人によって変わるので、SRを基準にオススメを一例を挙げると、
[盾役]SPを回しにくいので自分で勝手にシールドを貼れるモーリか、SP2奥義で味方全体にシールド貼れるモーモー
[行動阻害役]6秒間敵全体に凍結効果の攻撃を与え続けるメーム、相手のスキルを中断させてスキル使用出来なくするリーチェやガーレット
[攻撃役]雑魚の間引きに全体攻撃のセヴィルやライオロス、単体攻撃系は火力が高いのでボスの属性と相性の良い(ないしは悪くない)キャラ

キャラクターの実戦力 Edit

ゲーム内で表示される戦力値は必ずしも実際の強さを表していません。
クラスランクの評価の比重が大きいためで、★を重ねやすくランクを上げやすい低レアリティキャラクターの方が数値が高くなる傾向にあります。
実際には、レアリティ間にはランク1つ分かそれ以上の実力差があります。
そのため、戦力値の高い低レアリティキャラクターよりも戦力値の低い高レアリティキャラクターの方が強い、といったことが起きます。
キャラクターの実戦力は各ステータス値を見て判断するようにしましょう。

(新しい解説を検討している最中です)
(以下、以前の解説です)

編成基準はスキルの効果と戦力では無く実能力(英雄画面の戦力の右に書いてある≡)を見て決めると外れは無いと思います。
なので基本はSSR系、育っていたらSRといったところになると思います。
逆にR以下は戦闘力高くてもスキル効果や実能力が低いことが多いので、特殊な役割を求める以外は不要です。

始めたばかりの際のオススメキャラは? Edit

編成がどうとか、キャラ性能がどうといっても、最初はよく分らないものです。
なので慣れるまではとりあえず高レア度のキャラで編成を組むと良いでしょう。
これは低レア度と高レア度では技のスペック自体大きく違うので、例えキャラ自体火力不足でも補助として優秀なことが多いからです。

これとは別に比較的入手が容易で、育てておいて損が無いキャラは
・[R]アキレス:奥義がバカ火力。★6でLSSR★3~4並のキャラの威力が出ます。
・[SR]メーム:SR以下では数少ない範囲氷結(行動不能付与)のキャラ。SSR以上の範囲行動不能技が居なければお世話になりますが、付与率はそこまで高くない。
・[SR]シーラ:器用系キャラ。各種技で敵を目眩にしたり沈黙にしたり、SP回収力は割と高めなので何かと支えになってくれることがあります。
・[SR]イーヴ:敵が範囲攻撃を仕掛けてくる場合、SR以下では数少ない全体シールド付与技を持っています。
・[SR]サンドラ:[R]アキレスほどではないものの、こちらも高火力技を持っているので、火力役として心強いです。
・[SR]アルマネ:入手が英雄降臨時のみですが、特技・奥義のバフデバフの効果が高く、LSSR並の効果があります。
・[SR]モーリ:防御型にはSPを振りにくい中、自動でシールド付与の技を持っているので耐久高め。
・[SR]ガーレット:[SR]サンドラ同様高火力持ち。また詠唱狙いや詠唱妨害技が多い。
・[SR]フィフィ:6回攻撃毎に敵SPを0.5下げて、こちらSPを0.5増やす風変わりな技を持つ。戦闘においてSPが重要になることが多いので居ると楽。

逆に戦闘にはミッションがあり、そのミッション達成のために育てない方が良いキャラも居ます。
・[SR]ライトロス:低ステージ1WAVEの場合、SPがカツカツで追撃ミッションが厳しいことがあるのでそれ用です。
※低ランクライトロスだけだと耐久に難があって厳しいことがあります。その際は壁役に[N]キラークラウン辺り居ると楽になることがあります。

なお防御型や防御型不在時の突撃型は一身に敵の攻撃を受けるので、基本性能の高いキャラを優先しましょう。
その際は良い防具も優先して着けてあげてくださいね。

タイムテーブル Edit

体力系 Edit

時間経過で回復する要素は以下の3つです。

 MAX回復間隔最大間隔用途・備考
体力プレイヤーLv依存5分ゲーム内に表示あり遠征・イベントステージ・限定挑戦
夢見石獲得206分120分秘密ストーリーの閲覧・戦闘(獲得と所持の上限は別)
スキルP2010分200分キャラクターのスキル強化
  • フレンドの贈り物の受取で1人あたり体力2回復。
  • ティータイム(購入特典内)を実行で体力60回復。
  • ティータイムでフレンドを招待すると追加で体力6回復(ダイヤ4消費、フレンド側は会員報酬の受取で体力4回復)。

なおVIP特典によっては上限が伸びたりします。

デイリー Edit

基本的な区切りは5時。

  • ティータイムは、0:00~4:59、6:00~11:59、12:00~17:59、18:00~23:59、の4回。
    6時開始の前にだけ1時間のインターバルがあります。
区切りコンテンツ備考
5時デイリーミッション
無料召喚英雄1回、装備1回
金貨5回インターバル各5分
競技場・極限武闘
試練
ギルド「採掘」ギルドLv依存1~4回
体力・金貨購入上限リセット
0時毎日スタンプイベント
遠征ドロップ上限リセット
限定挑戦10回
イベントステージ「素材収集」
1時異界の門インターバル2時間
デイリーミッションとのずれに注意
 

ウィークリー/シーズン/イベント Edit

シーズンは7日間区切り。
秘密召喚のピックアップやイベントは14日間区切り。

 コンテンツ区切り期間備考
ウィークリー祭典木曜12時7日間日数カウントは0時区切り、受取期間1日を含む
シーズン異界の門月曜1時7日間インターバル2時間
試練月曜5時7日間インターバル5分
競技場月曜5時7日間
極限武闘月曜5時7日間インターバル5時間
召喚
ピックアップ
秘密召喚木曜12時14日間
属性装備召喚木曜12時7日間2週目に開始
イベント期間限定木曜12時14日間召喚ピックアップと同期
英雄降臨木曜12時14日間召喚ピックアップと同期
超英雄降臨木曜12時7日間2週目に開始
究極降臨木曜12時7日間2週目に開始
 

ダイヤの獲得と消費のサイクル Edit

現状、召喚(ガチャ)できる頻度は控えめに調整されていると思われます。

  • サービス開始から日が浅く、実装されている限定SSRキャラクターの数が少ないためと思われます。
    キャラクターが手に入りにくいというのは不満の溜まりやすいポイントですが、最初から大量の高レアリティを用意してどんどん獲得させるゲームの方が珍しいと思われます。冷静になりましょう。
  • 海外で運営されているオリジナル版は、1年ほど先行していることもあり、召喚も緩めに調整されています。いずれ当ゲームもそうなるかもしれませんし、ならないかもしれません。
  • キャラクターを量産できるタイプのゲームではない点も念頭に置いておくと良いでしょう。

ダイヤの獲得と消費のサイクルを知って、計画的にゲームを楽しみましょう。

獲得サイクル Edit

以下は定期的に獲得できる主な無償ダイヤです。

※2020.07.02のアップデートで大幅なバランス調整がなされました。以下は調整以前の内容です。

  • 毎日ラッキーパック
    1日10ダイヤ(14日で140ダイヤ)。
    いわゆるログインボーナス。「特別ギフト」の中にあります。
  • デイリーミッション
    1日30ダイヤ(14日で420ダイヤ)。
    対象ステージ25回クリア。アイテム不要の合理的なスキップ機能(掃討)が実装されており面倒はないと思います。
  • 祭典(フェス)
    7日で最高1000ダイヤ(14日で最高2000ダイヤ)。
    わかりにくい名前ですが、いわゆる常設ウィークリーミッション。高難易度のミッションは設定されておらず、こつこつやればゲーム開始当初からコンプリート可能です(逆に上級者ほど達成が難しいミッションが設定されていますが、それでも900ダイヤ程度は獲得可能です)。
  • イベント「期間限定」
    14日で最高300ダイヤ。
    イベントステージにおいて期間限定で配信されるシナリオです。難易度は初級~中級程度。期間終了後、続けて次のイベントが始まります。イベント復刻時にも再度報酬を獲得できます。
    ダイヤの他に、ミッション報酬として、装備召喚券×18、SSR進化結晶×5、限定SSR進化結晶×5が設定されており、戦力強化イベントと考えることができます。限定SSR進化結晶は、限定SSRの★を上げるために使うアイテム。召喚で同じキャラクターを引くのと同様の効果を得られる極めて貴重なアイテムで、合成を除くと基本的にここでのみ獲得可能です。
  • イベント「英雄降臨」
    14日で最高210ダイヤ。
    イベントステージにおいて期間限定で配信されます。難易度は初級~中級程度。期間終了後、続けて次のイベントが始まります。まだ確認されていませんが、イベント復刻時に報酬のリセットはされない模様です。
    ダイヤの他に、クリア報酬としてSRキャラクター、ドロップ品として収集アイテムが設定されており、いわゆる周回用イベントと考えることができます。
  • イベント「超英雄降臨」
    14日で最高500ダイヤ。
    イベントステージにおいて「英雄降臨」の後半7日間に合わせて配信されます。難易度は中級~上級。イベント復刻時の報酬のリセットについては確認できていません。
    ダイヤの他に、クリア報酬として鍛造鉱石選択箱×2、ミッション報酬として最高レアリティ装備品×1が設定されており、装備強化(=最終育成)イベントと考えることができます。ステージ6は極めて高い難易度に設定されており、キャラクター・装備を最大限強化して臨むチャレンジ型コンテンツです。
  • イベント「究極降臨」
    14日で最高2000ダイヤ。
    イベントステージにおいて「英雄降臨」の後半7日間に合わせて配信されます。難易度は上級。イベント復刻時の報酬のリセットについては確認できていません。
    ステージ1つだけですが極めて高い難易度に設定されており、キャラクター・装備を最大限強化して臨むチャレンジ型コンテンツです。
  • 究極試練
    7日で最高300ダイヤ(14日で最高600ダイヤ)。
    試練を43まで進めると以降は究極試練となり、1日につき1ステージに挑戦できます。難易度は中級程度。
    ダイヤの他に、クリア報酬として英雄召喚券×3が設定されています。変形型のデイリー・ウィークリーミッションと考えることができます。

以上を合計すると14日で最高6170ダイヤです。高難易度を除いても3000ダイヤくらいを獲得できることになります。

この他、本編シナリオ(遠征)では各所ステージに初回クリア報酬が設定されています。
また、キャラクターの秘密ストーリーパズルにも以下の初回クリア報酬が設定されています。

  • 限定SSRキャラクターは1000ダイヤ
  • SRキャラクターは500ダイヤ

無償ダイヤの配布量は少なくないか、むしろ多めということが分かるかと思います。

消費サイクル Edit

無償ダイヤの配布量がそれなりにあるといっても、決して緩いということではありません。
その理由は召喚(ガチャ)にあります。

  • 10連×5回のステップアップがありますが、確定するのはSSRであって限定SSRではありません。
  • ステップアップは1度のみでリセットされません。
  • 掲出されている内容によれば限定SSRの排出確率は1%です。

つまり、いくらダイヤがあっても限定SSRを獲得できるとは限らないということです。
実際、新召喚開始日には、運良く複数の限定SSRを獲得できたという声もあれば、全く出なかったという声も多く聞かれます。
長く続けているプレイヤーには、この辺も理解した上で、計画的にメリハリをつけながら楽しんでいる方が多いようです。

現状、ダイヤを使うべき召喚は3種類あります。
特定の属性がピックアップされており、14日ごとに切り替わっていきます。
全て無償ダイヤで引けます。まだ有償召喚は実装されていません。

  • 秘密召喚
    ステップアップを回し切って、それでも不足している時に回しましょう。
  • 秘密召喚 ステップUP
    ステップ4、ステップ5にSSR確定が設定されています。リセットはないので回し切ったら終了です。
    ステップ5まで回すためには10000ダイヤ程度必要です。
  • 属性装備召喚
    中級以上向けの召喚です。キャラクターの性能を引き上げたい時に回します。

14日ごとにステップアップを回し切っていくのが最も効率が良いことが分かるかと思います。

まとめ Edit

獲得サイクルで触れたように14日間で獲得できる無償ダイヤは、初回限定報酬を除くと最大4170。
対して、ステップアップを回し切るのに必要なダイヤは約10000。
14日間を1つの区切りとして、ダイヤの消費を計画すると良いでしょう。

秘密召喚(通常)の闇 Edit

ゲーム内チャットに寄せられた貴重なコメントを転載しておきたいと思います。

戦魂貨幣目的で通常秘密召喚を回すのはいいと思いますが、特定のキャラ目的で回すと地獄が見られます。
参考程度ですが、自分の経験からして、通常秘密召喚から限定SSRを1枚引くのに必要な軍資金は平均2万、10万近くぶっ込んでも出ない時があります。新規追加キャラ等、特定のキャラを目的として回す場合は、10~15万くらいは覚悟しておいた方が良いかと。それでも引けるかは保証しませんが。

これに対し、概ね掲出されている数値通り(1%を何回目で引くかの期待値、100回、22500ダイヤ)との声も寄せられました。

コメントフォーム Edit

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • 初心者の方へゲームを楽しむためにも、勇者応援パックは買いましょう。1080(税抜)で8000円分のダイヤが貰えます。ゲームの参加費だと思って下さい。この設定は課金ゲームではかなりお得だと自分は思います。配布分と合わせればそこそこ肝心のステップガチャも回せます。お小遣いから頑張って捻出しましょう。 -- ソース 2020-08-02 (日) 04:12:50
  • 期間限定の召喚(属性装備召喚、秘密召喚、ステップUP召喚)で10回召喚を行うたびに戦魂貨幣が手に入り、交換所のイベント交換所でアイテムと交換することができます。
    戦魂貨幣を5個集めるとSSR英雄ランダム券が入手できるので、序盤はダイヤの消費を計画するさいには期間内に戦魂貨幣を5個集めることも考慮するとよいでしょう。 -- 2020-08-18 (火) 21:17:16
  • ふぁんざ開始でここまで診に来てくれた方に連絡として、初日限定の女神の泉には必ずダイヤ可能な限り投げ込みましょう。投げて損は一ミリもありません。更に最初から頑張ると決めた方は課金をしてでも入れましょう。期間が短いので悩むと思いますが、少しでも差をつけたいなら初日の課金はアリです。 -- ソース 2021-03-12 (金) 02:37:10
お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-03-17 (水) 09:42:49